革のなめしについて

革のなめしについて
未分類 | 01月08日更新

革のなめしでの独特の匂いを和らげるためには

革のなめしは革製品を長持ちさせるためには欠かせない工程ですが、なめしの際に使われる薬剤は独特な匂いとして強く残ってしまう場合があります。なめしの際に残ってしまう薬剤の匂いなどは着たり使ったりすることでだんだんと和らいでいきますが、日光に含まれる紫外線などには革製品に残っている独特な強い匂いなどを和らげる効果が期待できます。そのため、強烈に残っていてどうしても気になってしまうという方などは、一度風通

(さらに…)

未分類 | 01月08日更新

なめし革が出来るまでの工程について

動物の皮はそのままにしておくと硬くなったり腐敗したりします。靴や衣料に使う革として利用するためにはなめしの工程が必要となり、古来から様々な方法が開発・改良されてきました。
一般的な工程として、まず原皮を乾燥処理や塩漬けにする事で腐敗を防ぎ、皮に付着した血液などを綺麗に除去します。脱水された状態から水分を加え生皮の状態に戻してから、加工しやすいよう牛や馬の大きい皮を背割りにします。
さらに皮の肉や脂"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

なめし方法によって革の仕上がりが変わります

動物から得た皮を乾燥処理や塩漬けにして一時的に腐敗を防いでも、質感は硬いままで時間が経てば腐敗していまします。なめしはコラーゲン繊維で構成される皮組織を結合させ、柔らかく丈夫な素材へと安定させる工程で、単なる皮から革へと変化させる作業でもあります。
なめしは植物成分や化学薬品などのなめし剤を使って行われ、いくつかの方法が存在します。古来から用いられてきたのは植物の樹皮などから抽出されるタンニンを使"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

革のなめしには様々な種類があります

動物の皮を利用した素材である革ですが、加工を行わない皮の状態では硬く長持ちしません。そこで、植物成分や化学薬品などを使いなめす事で、防腐処理を皮に施します。なめし作業を終えると「皮」は「革」へと変化します。
なめしの種類はタンニン・クロム・オイルやそれらを混合した方法が存在します。
・タンニン
植物の根や葉、樹皮などから作る植物タンニンを用いる方法です。タンニンなめしを行うと、出来上がった革は吸水"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

革のタンニンなめしの特徴について

動物の皮から革(レザー)へと加工する際にはなめしを行う必要があります。なめす事で皮は柔らかく丈夫になり、防腐処理の効果が現れます。方法はいくつかあり、現在では9割近くが化学薬品を使ったクロムなめしですが、植物成分を使った方法も存在します。
タンニンなめしは植物の樹皮や根などから採取したタンニンを使用した方法で、皮を約2ヶ月程度タンニンに漬け込む事で革へと変化させます。この方法でなめされた革は収縮が"

" (さらに…)

top